戸建て

建設する一つの方法

屋根裏部屋

住宅にこだわることは暮らしや人生にこだわることにも繫がる。
その時、新築の住宅を購入すれば、長い人生をこの住宅とともに歩むことができる。
日本の住宅には基本的に新築が多いイメージがあるが、これは風土が関係している。
建設にはお金がかかるが、頻繁に建て替えやリフォームを行なうことが予想されるので、できるだけローコストで建設できるような試行錯誤が行われている。
その上安全性も求められるので、日本の住宅メーカーは研究を重ねてローコストと安全性の両立を図っている。
欧米は気候も安定しており、日本よりも湿度が低いため、あまりものが腐食する速度が早くない。
それに加え地震などの自然災害が少ないので、日本よりも古い建物が沢山ある。

古い建物も良いが、新しい建物だと完全にその人の歴史を刻むことができるという点で良い点が沢山ある。
一つの家族に合わせて間取りを選ぶことができるので、使わないデッドスペースを出すなどの無駄を省くことができる。
家族の形態が変わった時も、最小限の家族構成などを考えていれば他の用途に使い回すなどの計画も立てやすい。
そうした特性があるため、新築戸建は若いカップルなどの世帯に人気がある。
新築戸建の種類は建売と注文住宅があるが、注文住宅はより人生設計に合わせた間取りを反映させやすい。
建売の場合でも、その住宅メーカーが独自に開発した色んな機能をつけていることもあるので、注文住宅と同様魅力がある。

建売住宅の魅力

ツタと一戸建て

建売住宅の新築戸建は、日本の多くの住宅メーカーが売り出している。太陽光発電システムを備えた住居や、人気のデザイナーに設計を依頼した住宅など、いろんな魅力的な住宅の形式がある。

注文住宅で自由に

ダンボールと女性

設計士や住宅メーカーの設計部門と話し合い、注文者が設計から関わった新築戸建が注文住宅といわれるものである。小さな土地での建設や家に対する独自の考え方を反映させる一つの方法でもある。

リフォームも考える

引越しと男女

新築戸建を建設するときは、五年や十年先を見据えたリフォームを検討すべきである。長持ちする建築材を選べば、リフォームの回数を減らすことができ、建て替えもスムーズに計画することができる。